【誰でも簡単】1枚焼くのに1分かからないハンディクレープメーカーでクレープパーティー

どうも。

ゆうゆうです。

歳を重ねるごとに、感じる悩み・・・。

優(ゆう)

仕事のある平日は、時間が流れるのが遅く感じてしまい、逆に楽しい休日はあっという間に終わってしまいますね…。

すぐに終わってしまう休日を、いかに充実させて過ごすことができるかということを考えるようになりました😄

クレープパーティー開催

休日に我が家でクレープパーティーやりました。

タコ焼きパーティーはよくしましたが、クレープパーティーを開催したのは今回初めてです。

クレープパーティー”と聞くと、あまりイメージがわかず、いくつか疑問に感じる点がありました。

クレープパーティーの疑問点

1枚、2枚などの少量ずつしか焼けないのでは?

クレープでお腹は満たせるの?

ものすごい時間がかかるのでは?

タコ焼きはタコ焼き機で一度にいくつも焼けますし、少しずつ食べるものなので、抵抗ないですが、クレープって薄いですし、それをホットプレートやフライパンで焼いても1、2枚ずつしか焼けないので、人数によっては、クレープでお腹が満たされるまで、かなり時間がかかるのではないかと思っていました。

さらに、クレープを敷き伸ばしたり、ひっくり返したりの作業が大変だから、おやつとして食べるくらいと考えていました。

そんなことを考えながら、クレープの具材を買いに行って、パーティー参加者の妻の弟とその子どもと合流し、我が家でクレープパーティーが始まったわけです。

優(ゆう)
「おや、弟くんが見慣れないアイテムを持ってきているぞ?」

ハンディクレープメーカー

フライパンの底がむき出しのプレート…みたいな。

優(ゆう)
おぉ、これが噂のハンディクレープメーカー!!

恥ずかしながら初めて見ました。

クレープといえば、よく屋台なんかで見る台に平らな鉄板があり、その上に生地を注ぎ、木材の棒でクルクル、クルクルとルーレットを回すようして、生地を薄く伸ばし、それをひっくり返して作っていたイメージがありました。

ハンディクレープメーカーの使い方

 1、クレープメーカーは片手で簡単に持つことができるので、手に持ちながら、電源を入れ、プレートの熱を入れて温める。

2、熱くなったプレート部分をお皿に入ったクレープの生地につける。

3、プレートを引き上げると、生地がプレートに張り付き、あとは40秒くらい焼く

結(ゆう)
あら、便利で簡単に使える家電だわ。

4、焼き終わったら、楊枝やヘラでクレープをプレートから剥がして完成

ハンディクレープメーカーのおすすめポイント

・職人並みの技術はいらず誰でも簡単に焼ける。
・1枚1分以内で焼ける。
・生地の厚さ調節が必要なく均等な厚さで焼ける。
・片面焼きでもOK。

結(ゆう)
もちろん、両面焼いてもOKです!クレープだけでなく、トルティーヤなんかも作れますし、クレープをたくさん短時間で焼けるのでミルクレープなんかも作れてしまいます。
クレープパーティーで使用した具材

ハム、チーズ、ウィンナー、レタス、トマト、きゅうり、ホイップクリーム、カスタード、ブラウニー、バナナ、みかん缶

優(ゆう)
しょっぱいのと甘いの両方準備したので、それを交互に食べる手が止まらね~ぜぇ。

お値段も安価で、購入者の口コミ、評価もいいので、我が家でも購入しようかと考えているおすすめアイテムのひとつです♪

ハンディクレープメーカーのレビュー、評価

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。