へビーカーにバギーボードをつけて、二人の子どもたちを運びたい

どうも。ゆうゆうです。

優(ゆう)
唐突に・・・、ベビーカーで1度に二人の子どもを運びたいって思ったことないでしょうか。

我が家には3歳の息子と1歳の娘がいます。

家族で遠くに出掛けるときは、1歳の娘をベビーカーに乗せて、3歳の息子は歩いて出掛けるのが基本でした。

でも、3歳くらいの子どもって、途中で抱っこを要求してきませんか。

それは当たり前ですよね😅

結(ゆう)
3歳くらいの子どもが大人のように長い時間歩くことできるわけないですし、出掛け先で眠くなりますし、まだまだ甘えたい歳です。

お出掛けに行くと子どもたちが疲れると、必ず抱っこしながら帰宅することになります😄

親としても、この抱っこしている帰りの時間が幸せでもあるのですが、本当に疲れます。

少しでも無理のないように、軽い1歳の娘を抱っこしたり、抱っこ紐でおんぶして、3歳の息子をベビーカーに乗せて工夫はしますが、それでも一人抱えながらのお出掛けは、疲れてしまいます。

一緒に歩いていても、その子どもの早さに合わせて歩くのも、長時間だと疲れてしまいますね。

おまけに子どもたちのおむつやタオルなどの荷物も併せて持たないといけません。

だから、ベビーカーに二人の子どもを乗せることができたらなぁ」と思ってしまうわけです。

ベビーカーに子どもたちの荷物も掛けられますからね。

二人の幼児とのお出かけで疲れてしまうこと

長時間の抱っこ
長時間、子どもにペース合わせて歩く
二人分の多い荷物の運搬

ベビーカー二人乗り(双子用)

二人乗り用のベビーカーなんかも、街で良く見かけるようになりました。

横幅や高さなどがあるベビーカーだと、他の通行人や、電車の中だと迷惑かかってしまいます。

結(ゆう)
周りの人の冷たい視線が気になるといいますか・・・。

我が家に双子が誕生したら、しょうがないですが、子どもの一人は、ベビーカーにギリギリ収まるくらいで、ベビー目線だとそこそこ巨人の3歳児です。

周り目から見ても

Aさん
大きな子がベビーカーに乗ってるわ~。

と思うのでしょうね。

また、すぐに体がベビーカーに収まらない大きさになり、数年で自転車に乗り出すので、そのために双子用のベビーカーを買うわけにはいきません。

優(ゆう)
じゃあ、我が家の場合だとどうすれば、いいっすか~・・・。まだ、車を買う経済力はないっすよ(涙)
結(ゆう)
なら、バギーボードで運びますか!

バギーボード

バギーボードとは、ベビーカーやバギーの後ろフレームに取り付けて、お子様を乗せて移動するための立脚ボードです。そのボードの上に乗り、ベビーカーと一緒に引いて運ぶことができます。

バギーボードがあることによって、年齢が近い子ども二人(0歳から4歳くらいの兄弟)をベビーカーに乗せる場合に最適で、本当に楽に人や荷物を運ぶことができます。

しかも、双子用ベビーカーのように、幅や高さなどの場所も取らなく周りの冷たい視線も気にならないので快適です。

3歳の息子も抱っことはならず、このボードの上で大人しく運ばれているので、買った甲斐がありましたよ。

実際バギーボードを使用して、感じたメリット

抱っこ回数が少なくなり、疲労感の緩和
自分のペースで移動できる
コンパクトに二人を運べるので、周囲からの冷たい視線がない

おすすめアイテムの1つでした!

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。