安く!オシャレに!クリスマス仕様に!クリスマスツリーを飾りました★

どうも。

ゆうゆうです。

結(ゆう)
私の夢。それは、クリスマスツリーを家に飾ること😁

我が家にも、クリスマスツリーを飾ることになりました。

因みにクリスマスってどんな日かご存知でしょうか?

優(ゆう)
クリスマスは、家族やカップルで、イルミネーションを見て、おいしいチキンを食べて、お互いにプレゼントを交換して、楽しい時間を過ごすイベントでしょ。
結(ゆう)
(・・・チッ。)クリスマスはハロウィン同様、ちゃんと意味がある行事ですよ。

クリスマスとは 

クリスマスは、イエス・キリストの降誕を祝う日です。約2000年前にベツレヘムの馬小屋でイエス・キリストはお生まれになりました。ほとんどの国が共通している日曜日が休日として過ごすのも、西暦が年号として数えられているのも、このイエス・キリストの影響力があるからなんですね。

 さて、そんなわけで妻の夢であるクリスマスツリー購入に向けて、いくつかのポイントをまとめます。
※あくまで一般的な自宅で飾るクリスマスツリーのサイズを(90cm180cm)を想定して紹介します。

クリスマスツリー購入するにあたるポイント 

ツリーのタイプを選ぶ

クリスマスツリーと言えば、木が茶色に葉は緑色のスタンダードなツリーを思い浮かべると思いますが、葉っぱの部分が白のツリーもあれば、ツリー全体がカラフルなものもあります。葉っぱの部分に雪が積もって、全体的に白を基調とした幻想的なツリーもあり、クリスマスツリーにも様々なタイプがありますので、部屋の雰囲気あったツリーのタイプが選ぶことができます。

↓おすすめスノータイプクリスマスツリー(関連製品も含む)はこちら↓

 ツリーのサイズ

家にツリーを飾る上で、結構重要なのがツリーのサイズです。小さ過ぎてもしょぼく、安っぽく見られるし、大き過ぎてもスペースを取られ、生活空間を狭くしてしまいます。ツリー設置場所のスペースや雰囲気によって、バランスの良いサイズを見極めましょう。因みに我が家では、リビングが狭いため、玄関に高さ150㎝のツリーを購入しました。

オーナメント

ツリーの飾りの主役であるオーナメントによって、ツリーの雰囲気はガラリと変わります。オーナメントにも様々な形と色があります。ツリーとオーナメントの全体的な見た目のバランスを考えた際に、ツリーとオーナメントの色合いがあっているか、オーナメントの個数は足りているかなども重要です。

例えば・・・

ツリーが全体的に緑色だから、緑色以外のオーナメントを使用したり、色合いがカラフル過ぎて目がチカチカしないように緑色と相性の良い色に統一して、2,3色程度に抑えたりしてオーナメント選びをする。オーナメントの個数も、多すぎて目が疲れないか、逆に少なすぎてパッと見、寂しくないかなども考慮します。

我が家のクリスマスツリー(昼バージョン)

我が家のクリスマスツリー(昼バージョン)の特徴

サイズ:150cm
オーナメントサイズ:30mm100mm
オーナメント個数:70
オーナメントの色:白、シルバー、青
オーナメントの形 :ほとんどが丸型
※ツリー天辺には星形の飾りにしてます。リボンも可愛いかも知れませんね。

優(ゆう)
好みにもよりますが、我が家はカラフルや派手さよりシンプルでオシャレさを意識したクリスマスツリーにしました

↓おすすめスノータイプクリスマスツリー(関連製品も含む)はこちら↓

電飾

クリスマスツリーはにこそ、映えますよね!夜に欠かせないのは電飾です。
電飾もツリーの色とサイズオーナメントの色と個数のバランスを考えて、それらに合った電飾の色や電球の個数を選びます。

電飾の確認事項

・ツリーのサイズに対して、必要な電球の数
・電源式(コンセントの位置を確認)か電池式(単三、単四などの電池規格を確認)の電飾かどうか。
・光り方のパターン(点灯、点滅、ランダム点灯、ゆっくり点灯

我が家のクリスマスツリー(夜バージョン)

我が家のクリスマスツリー(夜バージョン)の特徴

サイズ:150cm
電球数:100
電飾の色:シャンパンゴールド
形式:電池式
光るパターン(8パターン):動画はこちら
※ツリー設置場所近くにコンセントがなかったので、電池式を使用

クリスマスツリーにかかった実際の費用

クリスマスツリー(150cm):4,990円(税込)
オーナメント(3~10mm、70個):2,590円(税込)
電飾(電球100個、電池式):2,764円(税込)
合計:10,344円(税込)

結(ゆう)
この費用で毎年数か月、クリスマス気分が味わえるのなら、安い買い物ね!

クリスマスツリーを飾るのに、上記のような多くのポイントを押さえて、クリスマスの季節には是非、家族で素敵な時間が過ごせるように、オリジナルのクリスマスツリーを飾ってみてはいかがでしょうか😄

↓おすすめスノータイプクリスマスツリー(関連製品も含む)はこちら↓

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。