子どもを配線から守る改善インテリア★安心子育て

どうも。

ゆうゆうです。

優(ゆう)
調子が悪いと思っていたら、花粉症、ハウスダスト、副鼻腔炎😂我が家の子どもたちは、大丈夫なのでしょうか。

我が家の2歳の息子0歳の娘はいよいよ動き回る活発な子に育ってきました。そんな活発な子どもたちを家庭内事故から守るべく、リビングのインテリアを改善しました!

今回はテレビやインターネット、携帯の充電器などの配線から家庭内事故を誘発ないよう、子どもたちを守るためにインテリアを改善しました。

配線による家庭内事故

【転倒】

日々の生活で必要なテレビ、インターネット、携帯の充電器などの配線が部屋の至るところに存在しています。
血気盛んに動き回る子どもたちは、そういった配線につまずき、転倒し頭をぶつけて怪我の原因になります。

【誤飲】

乳児が配線やコンセントなどをなんでも口に入れてしまう可能性があります。もともと電気を通す配線なの感電したり、ほこりをかぶった配線だと衛生的にも良くありません。

【絡まる】

乳児いつも横になって、手遊びできるもので遊びます。配線などで遊ぶ際は複雑に絡まってしまいます。万が一、配線が絡まって、首とかが締まって事故に繋がってしまうのは避けたいです。

結(ゆう)
うちの子だけでしょうか?コードが異様に好きなんですよね。絡まったり、口に入れてみたり・・・。

そういった家庭内事故から子どもたちを守るべく、リビングの配線を改善インテリアを行いました!

子どもを配線から守るインテリア(ウォールラック)

我が家で一番、配線を隠すことができなく、むき出しになっているのはインターネットのLANケーブルルーターの配線です。

テレビなどの配線と違って、テレビ台などで配線を隠すことができず、子どもたちの恰好の遊び道具となります。

これは、何か台を置いて配線を隠そうと考えました。

ただ、1つ問題があって、我が家のリビングは8畳しかなくとても狭いのです。

優(ゆう)
この狭い8畳しかない空間に、台を置くスペースすらも惜しい!

だから、考えに考えを重ねて出た結論・・・。

結(ゆう)
子どもたちの手の届かない高い位置の壁に簡単な棚(ウォールラック)を付けよう。

ほとんどの材料が100均で購入できるので安く、軽く、少し脆いですが、簡易的なウォールラックとしては充分なものが作れました。

簡易ウォールラックの作り方

簡易ウォールラック作成に準備するもの

①必要サイズの板
②板と壁を支えるL字の金具
③ニス
④やすり
⑤お好みの塗装用のペンキ
⑥配線収納袋
⑦棚を壁に付けるビス

100均でだいたい売られていますが、上記の材料を購入します。

簡易ウォールラック作成の手順 

①板にニスを塗る → ②ニスが乾くまで2~3日間放置 → ③お好みの塗装用のペンキを塗る → ④乾くまで2~3日間放置 → ⑤板にやすりをかける → ⑥板にL字の金具をビスで止める → ⑦壁に板をつけ、L字の金具のビスを止める → 完成

仕上げ

完成した簡易ウォールラックの上に配線やルーターを置き、それらがむき出しだと、見栄えも良くないので袋にに収納して見栄えを整えて完了です。

画像の赤丸部分は、むき出しになったLANケーブルやルーターが収納されています。

何もない壁が、少しの工夫でこんなおしゃれな壁になり、しっかり配線収納されていますので子どもたちを安心して放置できます。

結(ゆう)
しかも、高い位置に棚をつけることによって、狭いスペースを削ることなくリビングが有効活用できちゃいました♪

配線を改善した結果

衛生面の改善

子どもがコードを口に入れることが無くなり、ほこりなどもコードに溜まらなくなった。

部屋がオシャレに

パッと、乱雑な配線が目に付くことなく、オシャレな雰囲気に。

配線による家庭内事故の減少

コードが足に引っかかることがなくなったので、家庭内事故が減り、安心感を得られた。

狭いスペースの有効活用

簡易ウォールラックのデッドスペースに配線を収納しているので、スペースを潰すことなく、部屋を有効活用できている。

最近も少し改良しました。

是非、試してみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。