ジョイントマットとセットで買うべきだった スウェットラグ(Sweat Rug)

どうも。

ゆうゆうです。

何かを買物したあとに、

結(ゆう)
あちゃ~、これも一緒に買っとけばよかった~😣

って後悔したことありません?

最近、そんな気持ちを味わうこととなりました。

下記の記事でも紹介しましたが、以前ジョイントマットを我が家で購入しました。

子どもの転倒による怪我を守るため、防音や防寒対策も含めてリビングのフローリング部分に厚手(2㎝)のジョイントマットを敷き詰めて、居心地の良い環境しました。

しかし、せっかくの購入した良いアイテムも使い方を工夫しないと、消耗が早くなってしまいます。

優(ゆう)
なんと、我が家のジョイントマットが半年でこんな姿に!!

ジョイントマットの表面部分が剥がれてしまったのです。

結(ゆう)
なんとも、まあ、動物の毛皮の生え替わり時期のまだら模様になってしまいました・・・。

こんな姿になってしまった理由が明確にあって、それはこたつの熱でジョイントマットの表面が溶けて剥がれてしまったのです。

まさか、こたつの熱によって、こんなに消耗するとは驚きです。

注意
ジョイントマットは熱に弱く、消耗を早めるので、直にこたつを置くのは止めましょう。

結(ゆう)
早速、対策でこたつの下に敷くものを探して、こんなのがあったので、いいのではないでしょうか。

スウェットラグ(Sweat Rug)

実はジョイントマットを購入する前にセットで、ジョイントマットの上にラグマットじゅうたんなど何か敷く物を購入する検討をしていました。

が、下記の理由で購入しませんでした。

ラグマット、じゅうたんを購入しなかった理由

・小さい子どもたちがお菓子やご飯、飲み物をたくさんこぼす、落書きするなどですぐに汚してしまう
・じゅうたんのような素材だと、ごみやほこり、髪の毛や食べカスが絡まって掃除機できれいにできない

優(ゆう)
せっかく購入してもすぐに汚れたり、消耗して使えなくなってしまったら、もったいないですからね。

でも、今回のジョイントマットの表面が溶けたという一件があり、このラグマットの購入に至ったわけですが、このラグマットが、それらの問題を解消してくれるアイテムということが購入の決め手となりました。

スウェットラグ(Sweat Rug)の特徴

毛も絡まず、ラクラクお手入れ♪

スウェット素材で髪の毛、ペットの毛やゴミやほこりが絡まなく掃除機とコロコロで簡単にお手入れできます。

洗濯機で丸洗いができる♪

洗濯機でそのまま丸洗いができるので、子どもたちが汚してもすぐに洗えます。

裏地に滑り止め機能♪

裏地に滑り止めが加工されているのでフローリングに置いても滑らず、ズレずで安心感があります。

オールシーズン対応仕様♪

優れた吸湿性、吸汗性、防寒性なので夏場や冬場でも年中快適に使用できます。また、床暖房やホットカーペットの上にも敷けて熱の影響も問題なくオールシーズン使用できます。

優しい肌触り♪

肌に繊細な小さな子どもの洋服にも用いられるスウェット生地を使用。中身も固形クッションが、敷き詰められていて優しい肌触りとなっています。

以上の特徴によって、購入を決め、今はジョイントマットの表面のまだら模様を隠すようにして、リビングに敷いています。

因みに我が家はサイズ185 x 185のネイビーで購入しました!

結(ゆう)
その後、熱による劣化はなくなりましたが、今度は子どもたちがジョイントマットの表面を剥がして遊ぶ・・・(汗)。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。