庭の除草(草抜き、草刈り、草むしり)】きれいな家への第一歩

どうも。

ゆうゆうです。

戸建てを購入して住みだしてから、1年半が経過しました。

優(ゆう)
庭のお手入れも必要な程、雑草も生えてきてしまいました。

雑草による戸建ての外観が気になる、雑草で苦手な虫が住みついて困る、草が伸びて隣の家まで侵入しそうだなど、雑草に悩むこともありませんか?

我が家は、下記の記事でも紹介しましたが、築年数がある古い家でもあり、本当に狭い家です。

だから、古い分きれいな家を目指したい少しの庭のスペースも有効活用したいと考えていたので、思い切り除草することにしました。

優(ゆう)
さて、除草するにあたって、効果的かつ効率的に行うには、どうしたら良いか、、、。

除草のおすすめ時期

12月〜2月

雑草は春から夏にかけて生えてきます。寒くなる時期に枯れてきますので、雑草が抜きやすくなります。

除草するのに準備するもの

①軍手

②ゴミ袋

③汚れても良い衣類

④スコップや鎌

除草するのにあったら便利なもの

除草剤

今回、この除草剤を使用して庭の草むしりをしました。

雑草が生えた庭の面積に対して、必要な除草剤を量を確認し、購入しました。

除草剤のメリット

雑草の根、茎、葉を枯らすので簡単に根からきれいに草むしりができる。

1度撒いたら数カ月効果が続くので除草の回数が減る。

除草剤のデメリット

衛生面で良くない(枯らすものなので)。

撒いてから枯れるまで最低期間、待たなければいけないので時間がかかる。

天候によって、効果が左右されるので雨は避けるなどの配慮が必要。

注意事項

使用前には必ず注意事項を読み、正しく使用することをおすすめします。

除草剤使用する上で気をつけたこと

・自分の肌に除草剤が触れないような服装やゴム手袋を着用。

・除草剤を撒いた箇所は踏まない

・飛散後、すぐに衣類を洗濯

・飛散後、すぐに入浴

これらのことに行い、除草剤を撒いて1週間後に庭の草抜きを実行しました。

庭の草抜きだけで、だいぶ外観の印象が変わりました。

優(ゆう)
これで当分は、雑草の悩みがなくなり、すっきりしましたね。

これからも住みやすくきれいな家を目指して、なおかつこの庭とも呼べないほどの狭いスペースすらも有効活用していきたいと思います。

きれいな家の第一歩として、除草をされてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。