4歳になった息子に誕生日プレゼント〜補助輪なし自転車に向けての第一歩〜

どうも。

ゆうゆうです。

4歳の息子の誕生日を迎えました😁

子どもたちの誕生日で、毎回、迷うのがプレゼントを何にするかです。

幼少期の子どもの誕生日プレゼントを考える時のポイントは、基本的に以下を考慮して決めます。

子どもの誕生日プレゼントを決めるポイント

1.年齢

2.性別

3.性格

4.その時に子どもが好きな(はまっている)物

5.身体を動かす運動系の物

6.頭や心(感情)を使い、成長を促す物

この前の”3歳になった息子に誕生日プレゼント★まわしてレーシング! 2wayサーキット★”の記事で紹介した3歳になった時の息子の誕生日は、その時に子どもがはまっていた物をプレゼントしました。

4歳といえば、成長により子どもにとって様々な変化がある歳に思えます。

使える言葉が増えて、その理由や意味の理解力も深まる成長が見られます。

また、自分と他人の違いを意識でき始めたり、脳の発達などにより記憶力が備わり、昨日、今日、明日など時間軸の概念が芽生える歳だとも言われています。

そういえば、私自身も4歳からの記憶はあります。

そんな成長が見られる4歳の誕生日プレゼントは、運動系の物にしました。

4歳息子の誕生日プレゼント

補助輪なし自転車

子どもの成長も考えて、自転車も徐々に乗れるように備えようと考えました。また、我が家は0歳、2.歳、4歳の3人の子どもがいるため、移動手段にも影響があります。3人目の子どもが生まれる前は、自転車の前と後ろに子どもを乗せて移動していました。3人目の子どもが生まれたことによって、自転車の4人乗りが法律で禁止されているため、移動手段に自転車という選択肢がなくなりました。そこで上の4歳の息子が自転車を乗れるようになれば、お出かけが出来るようになると思いました。

補助輪なし自転車の練習ポイント

上達に合わせて、親が手本として実演して見せる

ハンドルとブレーキを握る

またがり方

自転車を引いて歩く

自転車の起こし方

スタンドの立て方

方向転換のハンドルの動き

ペダルのこぎ方

補助輪なし自転車の練習場所

車通りの少ない安全な道路

なるべく平らな道路

交通公園

子どもの怪我が気になる場合は、芝生など

↓関連キッズ自転車も含む製品はこちら↓

今回、補助輪なし自転車を誕生日プレゼントと決め、実際に購入したのが・・・

補助輪パスしてラクショーライダー

特徴

・ペダルを付け外しができるので、地面を蹴って、補助なしバランス感覚を養い練習に効果的

・超軽量(8kg)で3.5歳から取り回しできて、練習しやすい

・サドルの高さ調整の幅が広く、長く乗れる

※購入前には、子どもの身長と股下の高さを計測しましょう。

身長と自転車インチの目安

補助輪なし自転車を使用する上で、上記に述べたポイントを押さえて、少しずつ子どもの成長を促して、親と子どもの二人三脚で4歳の誕生日プレゼントを活かしていければと思います。

頑張れ息子、頑張れ私😑

↓関連キッズ自転車も含む製品はこちら↓

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。