突っ張り棒を使って、靴箱をクローゼットへリノベーション

どうも。

ゆうゆうです。

優(ゆう)
私の悪い癖。帰宅後、すぐに上着をリビングに放り投げて、そのまま過ごしてしまうこと・・・。

結(ゆう)
わかっているなら、直さんかい!!花粉運んでくなっ(重度の花粉症)

我が家は、2階にクローゼットがあり、1階にリビングがあるため、外出先から帰ってくると1階のリビングに「ポ~ン」と上着を投げ捨て、そのまま、リビングに居すわりテレビ見たりだらだらしてしまいます。

その繰り返しでリビングには、数日で家族全員分の上着がすぐに散乱するという現象が起きてしまうのです。

外出の度に2階に上り、クローゼットの家族全員分の上着を取りに行くのも、くたくたになって、帰ってくる度に家族全員分の上着を2階に戻しに行くのも、かなり面倒くさいのです。

かと言って、毎回同じ上着を着るわけにもいかないし、衣類収納がないリビングに数着置くわけにいかないし、我が家の狭いリビングに衣類収納を設置するわけにもいかないのです。

結(ゆう)
どうしたら良いものか、悩むところね。

実は我が家の玄関の靴箱の収納スペースは、子どもの靴も小さくスペースをとらないので、まだまだ余裕があることに気付きました。

そこで、靴箱の中を整理し、くつを置く板を取りはずし、突っ張り棒を使い、そこにハンガーと上着を掛けるという使い方をしました。

結(ゆう)
これで靴箱には常に上着があり、外出や帰宅時には、靴箱のその上着を利用して、わざわざ2階へ行かなくても済むようになったわ😄

しかも、突っ張り棒を準備して、靴箱の中の板を取り除くだけの作業なので、早く、安く、簡単に仕様転換することが出来ます。

靴箱を衣類のクローゼットに替えるなんて斬新な発想力には驚きです😮

優(ゆう)
すごい発想だね、さすが!
結(ゆう)
このくらいの発想当たり前だよ。(まあ、ネットで調べて載っていたんだけどね。)

しかし、我が家の家族が増えたり、やがて子どもたちが成長し、靴のサイズが大きくなり、靴を数足持つようになったら、このクローゼットスペースがなくなり、本来の靴箱として利用します。

その時は、どうしようかとすでに悩んでいます😔

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。