部屋が寒いっ!窓の冷気対策に防寒パネル、断熱ボードで暖房効率アップ

どうも。

ゆうゆうです。

寒~いっ、寒い、寒い~😫

我が家のリビングも寝室もとても寒いです。

優(ゆう)
財布の中身も寒いです(マジ)
結(ゆう)
・・・。

朝起きると部屋の寒さと床の冷たさで一発で目が覚めます。

11月~2月までの4ヶ月間の寒さを乗り切るために、防寒対策をしなければければなりません。

財布の中身が寒いこともありますので、コスパの良い過ごし方が必要です。

まず、様々な暖房器具ありますが、それらの特徴をまとめてみました。

冷気対策として使用する各暖房器具の特徴

エアコンの特徴

広範囲でその部屋全体を素早く暖める。部屋が急激に乾燥するので注意が必要。

石油ファンヒーターの特徴

広範囲でその部屋全体を超素早く暖める。部屋は乾燥しない。灯油を使用。

ガスファンヒーターの特徴

広範囲でその部屋全体を超素早く暖める。部屋は乾燥しない。ガスを使用。

オイルヒーターの特徴

広範囲でその部屋全体をゆっくりと暖める。温まるまで時間がかかる。部屋は乾燥しない。

こたつの特徴

狭い範囲で部分的に素早く暖める。部屋は乾燥しない。

セラミックファンヒーターの特徴

狭い範囲で部分的に素早く暖める。部屋は乾燥しない。

部屋が寒い!我が家の対策

 

まず、我が家の暖房器具は、エアコン、こたつ、ホットカーペット、電気ストーブ、セラミックファンヒーターなどがあります。

あとは、おすすめジョイントマットの記事で紹介した、ジョイントマットも床の冷気を遮断し、寒さ対策に繋がっています。

リビングは1番家族が長時間過ごす場所です。

広いリビングを全体的に暖めるための我が家にある暖房器具の中では、エアコンが省エネです。

電気ストーブ、セラミックファンヒーターは狭い空間をスポット的に暖めるには優れていますが、リビングという広い空間を暖めるのに圧倒的に時間がかかる分、電気代がかかります。

ホットカーペットは赤ちゃんや幼児がいるので、低温火傷などの安全面を考えて使用していません。

基本的にエアコンこたつを駆使して、過ごしているのですが、こたつから出るとエアコンの暖気があるにしろ、それでも少し寒く感じてしまいます。

これ以上電気消費をしないように、部屋全体を暖めるには何ができるか考えました。

窓の冷気対策

防寒パネル、断熱ボードの設置

我が家では、窓際の冷気を遮断し、暖かさをキープできるパネル、ボードを購入し、窓際に設置することにしました。

暖房効率が上がるとエアコンの消費電力も抑えられますね😃

もし、消費電力を気にされず、暖房器具として、火傷しない安全面が優れているやお肌の乾燥などの問題を懸念されている方は子どもがいても安心!火傷、乾燥しないオイルヒーターなどもご参考下さい。

↓おすすめ防寒パネル、断熱ボード(関連製品も含む)はこちら↓

↓窓際ボード、パネルに関する動画はこちら↓

動画のように、窓際にパネルやボードを置くだけで、冷気を遮断し、暖かさをキープし、結果、暖房効果が上がるということは分かったと思います。

↓おすすめ防寒パネル、断熱ボード(関連製品も含む)はこちら↓

リビングや寝室の出窓にも設置しました。

設置に必要な幅に応じて、ハサミでカットし横幅を合わせます

パネルを固定するために、パネルと接触する底や両側を両面テープで止めました

また、下の画像のような、赤枠のパネル底の折り目部分をジョイントマットやコルクマット、カーペットなどの下に挟んで固定の強化と完全に隙間風が入らないようにもしました。

優(ゆう)
本当にこんなパネル1枚で部屋の暖かさがキープされるのかよ。

と、本心では疑っていました。

その翌朝、寒さの厳しさがいつもの朝と違い、1℃か2℃くらい暖かく感じたのです!!

って、思った瞬間、いつも起きる時間より1時間程、寝坊してすでに外の気温も上がり始めていました(笑)

結(ゆう)
・・・。

とはいえ、数日間体験して、やっぱり設置前と設置後の感じる寒さの違いが明らかでした。

長い冬を少しの工夫、リノベーションを施すことでより快適な暮らしをすることができます。

優(ゆう)
ただのパネルですが、ランニングコストをかけずに、暖かさをキープできるアイテムなので、おすすめですよ!

↓おすすめ防寒パネル、断熱ボード(関連製品も含む)はこちら↓

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。