乳児~幼児の湿疹、アトピー対策

どうも、ゆうゆうです。

私にとっては冬は寒いし、乾燥するし、苦手な季節です。

私は17歳くらいからずっと慢性アトピーです。

だから、乾燥するこの時期は肌の調子が悪くなります。

今では朝の仕事前、夜の入浴後に毎日二回保湿剤とステロイドを体全身に塗っています。

私は乳児からアトピーがあり、記憶がある4歳~16歳まで、ひざとひじの裏に少し乾燥している程度で、塗り薬がなくても生活できる軽度のアトピーでした。

17歳になると顔や背中にアトピーが出て、皮膚科を転々として21歳には、ある程度アトピーは治まりました。

しかし、25歳で再び悪化し、頭皮にまでアトピーが出るようになりました。

そして、26歳には、仕事ができない程になり、1年間休養もしました。

アトピー悪化の原因としていくつか考えられますが、自分の過去の生活スタイルを振り返って思い付くものを挙げていきます。

アトピー悪化の原因

【偏った食生活】

外食が増えて、お菓子も含めた好きなものを好きな時に食べて食生活が偏りました。

【睡眠不足】

ある時期から夜更かしばかりして、朝方に寝る回数が増えて、肌が荒れていきました。

【ストレス】

新社会人、転職の度にストレスや緊張が続き、交感神経(活動している状態)と副交感神経(休息、リラックス状態)のバランスが乱れ、肌に影響しました。

【喫煙】

たばこの煙などで皮膚が貼りついたように乾燥して、皮膚がパリパリになっていきました。

【飲酒】

飲酒によって。血流がよくなり体が温まり、毛穴が開いて全身がかゆくなりました。

【遺伝】

肌質は遺伝するので、しっかり親の体質を遺伝したようです。だからと言って親を恨んではいけません。自分の存在があるのは両親のおかげです。

【爪を伸ばす】

爪が少しでも伸びると、朝起きたら出血もしばしば。寝ている間に爪でひっかいているようです。2週間に1回は切っています。

【ダニやほこり】

一人暮らしの時などはふとんも敷きっぱなし、洗濯しない日々が続くと湿気を好むダニやたまったほこりで痒さを促進します。よく布団を干して、換気をして、掃除はまめにしましょう。

【乾燥】

季節やエアコンによって、乾燥対策をしないと少し触っただけで、刺激をバリケードしてくれる皮膚が剥がれていって、肌質が薄く弱くなります。まめに保湿剤使用と加湿器の使用を。

今は、うまくアトピーと付き合い、ストレスコントロールし、ステロイドと保湿剤で肌のケアをしながら社会人をしています。職場環境も良く、良い人ばかりだし、有給消化率もいいし、ほぼ繁忙期以外は毎日定時に仕事が終わり、11時には寝ています。

その代わり給料は低いですけど(笑)

あ、もちろんたばこもお酒も8年以上してないですよ。

今では「私アトピーですよ。」と言わないと気付かれないほど、塗り薬や保湿剤でケアしながらもきれいな肌を保てています。

乳児アトピー、湿疹対策

同然、遺伝的なものも含めて私の息子も乳児期はひどいアトピーでした。

生まれて1ヶ月くらいから毎日痒そうにして、浅い眠りで顔は血だらけで、親として苦しんでいる息子を見るのが耐えられませんでした。

皮膚科で見てもらい、医師からはステロイドと保湿剤を処方され、ステロイドは朝とお風呂後の一日二回、保湿剤は乾燥したら、数度塗るということで、最初は言われました。

強い塗り薬から弱い塗り薬にしていき、徐々に肌の状況に合わせて塗る回数も減らしていくというものでした。

乳児でも肌がまだ薄く、痒いストレス、そこから眠れないストレスを感じるので、その悪循環を絶つために、まずは、ステロイドで肌のかぶれや炎症、赤みを抑え、痒さのストレスを無くしてあげて、しっかり睡眠できる肌状態にしてあげて、そこから肌事体が体の成長とともに少しずつ強く厚く、薬の強弱、塗る回数を調整していくといった治療をしました。

その治療で息子が1歳になる頃は、毎日二回の保湿剤と数日に一回の弱いステロイドでアトピーだとわからない程、良い肌質を保っていました。

2歳になる頃は毎日二回の保湿剤と数週間に一度アトピーが出た期間だけ一日一回のステロイドを塗ってあげる程度で大丈夫でした。

3歳になると、ほとんど毎日二回の保湿剤で大丈夫になりました。少しの食生活の乱れと乾燥する時期によって、皮膚の薄い部分のお腹、ひじ、ひざにたまに少しアトピーが出るくらいまで良くなりました。

そんな息子に対して塗り薬以外で毎日使用しているアトピー対策のアイテムがあります。

それは、入浴時に使用するボディソープのアトピタです。

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ

赤ちゃん用のボディソープの中では少し高いのですが、本当に肌にやさしく、アトピー、湿疹、乾燥の対策としておすすめのボディソープです。しかも、全身用なのでこれ1本で髪も体も洗えるので、楽です。

2014年にマザーズセレクション大賞にも選ばれた商品のようですね。

我が家ではずっと子どもたちへ愛用しています。

もちろん、子どもたちが成長していく過程で、喫煙、飲酒、ストレス、食生活、寝不足が招く、体に与える悪影響を教えていきたいと思います。

子どもたちには、私みたいに毎日薬がないと仕事や生活できない体になって欲しくないと切に願ってますからね😁

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうゆう

★夫婦でブログ運営★ 優(ゆう)が主に記事を更新しています。 ネタを作ってくれる結(ゆう)の監視のもと、空いた時間でせっせと記事を作らされて・・・記事を作っています。 主に日々の暮らしと知恵、子育て、DIY(リノベ、インテリア)をテーマに役立つ情報発信に尽力いたしまする。